トピックス
TOP > トピックス > 生物統計学コースのある米国の大学紹介-その14(ジョージタウン大学2)
2020.02.22
生物統計学コースのある米国の大学紹介-その14(ジョージタウン大学2)

今後生物統計学を履修したいと考えている若い人たち向けの米国の生物統計学コースを有する大学の紹介の第十四回は、米国ワシントンDCにあるジョージタウン大学の更新情報です。

 

Department of Biostatistics, Bioinformatics & Biomathematics

Georgetown University Medical Center

 

ジョージタウン大学のロゴ

georgetown_logo_fullsize

 

1.ワシントンDCの位置

DC MAP

https://jst-air.com/wp/washingtondc/

 

2.ワシントンDCの概要

ワシントンD.C.はコロンビア特別区としてアメリカ合衆国の首都であり、政治の中心地です。コロンビア特別区はポトマック川の北岸の川のナビゲーションヘッド、つまり水路と陸上輸送の積み替え地点に位置しています。メリーランド州はコロンビア特別区の北、東、および西に接し、バージニア州はポトマック川の南岸の地区に接しています。

 

Washington DCの遠景

DC05

https://www.nationalgeographic.com/history/reference/united-states-history/why-washington-dc-not-state-started-drunken-mob/

 

1790年、米国議会は、連邦政府の常任都市として機能する100平方マイル(260平方キロメートル)の領土を確保し、ワシントン市のコロンビア特別区と名付けられました。この新しい領土の場所は、東海岸地域に集中し、大西洋から陸地で約90マイル(145 km)内陸にあり、メリーランド州とバージニア州に割譲されました。19世紀半ばに、バージニア州によって割譲されたポトマック川の南側の土地が州に返還され、地区は現在の規模に縮小され、現在に至っています。

南北戦争(1861〜65年)の後、ワシントン市は当初計画されていた境界を超えて拡大し、コロンビア特別区と法的に区別がつかなくなりました。ワシントンD.C.は州ではなく領土であり、1974年以来、議会が拒否権を保持している地方選挙で選ばれた市長と市議会によって統治されています。ワシントン大都市圏は約4,000平方マイル(10,360平方km)をカバーし、メリーランド州のモンゴメリー、プリンスジョージ、フレデリック、チャールズ、カルバートの5郡、バージニア州のアーリントン、フェアファックス、ラウドン、スタッフォード、プリンスウィリアムの5郡に及んでいます。

 

市内のどこからでも見えるワシントンメモリアル

DC01

2016年8月撮影

 

ワシントンDCは並外れて多彩な都市であり、多くの個性的な側面を備えています。活動する連邦都市として、国際的な大都市として、絵のように美しい観光地や比類のない国の歴史と工芸品の宝庫、そして近隣の小さな町の雰囲気を保持する国際都市として魅力は尽きません。米国の首都としてのワシントンDCの役割は、活気のある地元の歴史と複雑な政治的、経済的、社会的問題に立ち向かうことです。このため、D.C.大都市圏の数十万人が連邦政府のために働いています

 

ワシントンDCの街並

DC03

2016年8月撮影

 

ワシントンDCは、ポトマック川とその支流アナコスティア川に囲まれた穏やかな起伏のある低く広い半島に位置しており、この場所は重要な商業港になると信じられていました(ポトマックは「貿易の場所」を意味するアルゴンキン語です。アナコスティアは地元の人、その川で取引したナコステインの名前に由来します。)。街を囲むのは、ワシントンDCの近隣が徐々に形成されるに伴って建設された海抜約400フィート(120メートル)に達する一連のテラスです。浅く長い渓谷の一部である現在のロッククリークパークは、ワシントンDCを古い港町ジョージタウンから分離しました。この渓谷の北と西への開発は、渓谷が橋渡しされ公共交通機関が利用可能になった19世紀の終わりまでかかりました。

 

ジョージタウンの街並

DC02

2016年8月撮影

 

3.ジョージタウン大学メディカルセンター生物統計学科

Department of Biostatistics, Bioinformatics & Biomathematics

 

生物統計学科、バイオインフォマティクス学科、および生物数学学科(DBBB)は、2005年にジョージタウン大学メディカルセンター(GUMC)内に設立されました。学術研究科として、生物統計学の博士号課程、修士号課程を提供しています。DBBBは20人以上の教員を擁し、GUMC、ジョージタウンロンバルディ総合がんセンター(LCCC)、および臨床、基礎科学、人口科学の研究プロジェクトに関する大学の研究員と積極的に協力し、コンサルティングを提供しています。さらに、教員は生物統計学とバイオインフォマティクスの両方、および疾病の予防と治療に貢献する独立した方法論研究を実施しています。本学科の研究は、NIHや国防総省などの組織からのさまざまな助成金で賄われています。

 

 

ジョージタウン大学のシンボル:Healy ホールの時計塔GU01

2016年8月撮影

 

生物統計学という言葉は、生物を含む接頭辞bioに由来し、生物学の研究の1分野です。統計学は、データの蓄積、追跡、分析、およびアプリケーションによって定義されます。生物統計学は、薬物検査や環境モデル構築などの大規模な取り組みで一般的に使用されており、製薬会社は、生物統計学に大きく依存してデータを追跡および解釈し、試験薬の科学的解釈に基づいた研究結果を利用しています。

 

生物統計学の修士課程は、充実したキャリアへの入り口です。学生は、がんの生物統計学、バイオインフォマティクス、または疫学に焦点を合わせることができます。本学科のカリキュラムには、一般的なコアとなる方法論の学習と実践、生物医学研究の定量的問題を探求する実世界の経験を提供するユニークな研究実習、およびこの分野の国内および国際的に認められた専門家による隔週のセミナーシリーズが含まれます。

さらに、生物統計学の修士課程は、学術、政府、産業界で実施される健康関連の研究をサポートするために、計算科学、定量科学、生物医学科学の統合トレーニングを提供します。学生は、疫学とバイオインフォマティクスを支える定量的および計算ツールを取得するだけでなく、これらのツールの生物学および健康科学への応用の訓練を受けることができます。

 

Georgetown University Intercultural CenterGU02

2016年8月撮影

 

生物統計学科の博士課程は、生物統計学をジョージタウン大学の世界クラスの生物医学研究と統合して提供されます。このプログラムの目標は、生物統計学の分野を前進させる優秀な生物統計学者を養成することです。このプログラムは、学界での研究と教育のキャリア、および産業界と政府での研究と技術のキャリアのために学生を育成します。このプログラムでは、定量的スキル、生物医学研究の関連性、コミュニケーションスキルも重視しています。

 

現在、同学科には、ジョージタウン大学のさまざまな研究グループ、センター、研究所に所属する教員がいます。腫瘍生物学、数学および統計学、コンピューター科学、腫瘍学、看護および健康研究科(SNHS)、さらにMedStar Health Research Instituteなどがあります。これらの提携は、ジョージタウン大学での大学院学習の幅広い経験と機会を提供します。学生は、遺伝学、疫学、生物学などの生物学および健康科学の分野で教育されるだけでなく、強力な最新の統計的手法と計算ツールを習得します。さらに学生は共同の指導を受けた生物医学研究プロジェクト、学際的なセミナー、生物医学研究の生物統計学のトピックに関するセミナーを通じて訓練されます。このプログラムは、学界での研究と教育のキャリア、および産業界と政府での研究と技術のキャリアのために学生を育成します。

 

以下は、フルタイムおよびパートタイムの学生向けの修士課程のコーススケジュールの例です。 通常、学生はフルタイムの学生として3学期で修士課程を修了します。パートタイムの学生は、秋学期と春学期ごとに少ない単位で登録できます。

Fall (Semester 1)

BIST 500: Department Seminar

BIST 510: Probability and Sampling

BIST 511: Statistical Inference

BIST 515: Introduction to Statistical Software

BIST 541: Principles of Epidemiology

 

Spring (Semester 2)

BIST 500: Department Seminar

BIST 512: Categorical Data Analysis

BIST 513: Survival Analysis

BIST 514: Linear Models and Multivariate Analysis

BIST 917: Practicum I OR BIST 817: Special Topics I

 

Summer

Internship (Encouraged for all full-time students)

 

Fall (Semester 3)

BIST 500: Department Seminar

BIST 532: Machine Learning for Bioinformatics

BIST 540: Experimental Design/Clinical Trials

BIST 545: Quantitative Data Analysis & Reporting

BIST 595: Data Science

BIST 918: Practicum II* OR BIST 818: Special Topics II** 1

Total 11 Credits

*Option 1 Path: Practicum I & II

**Option 2 Path: Special Topic I & II

 

Key Bridge方向から見たGeorgetown UniversityGU04

https://grad.georgetown.edu/

 

博士課程の学生は必要なコースの9単位と選択科目の21単位を完了する必要があります。学生は、選択科目から選択して自分の興味に合わせてカリキュラムを調整する柔軟性を備えています。推奨される選択科目は以下のとおりです。

Year 1

Fall Semester

BIST 500: Department Seminar

BIST 610: Probability and Large Sample Theory

BIST 615: Advanced Statistical Inference

BIST 620: Generalized Linear Models

 

Spring Semester

BIST 500: Department Seminar

BIST 625: Statistical Computing

BIST 630: Bayesian Inference

BIST 635: Longitudinal Data Analysis

 

Year 2

Fall Semester

BIST 500: Department Seminar

BIST 640: Causal Inference

BIST 645: Advanced Survival Analysis

BIST 650: Semiparametric Inference

 

Spring Semester

BIST 500: Department Seminar

BIST 655: Statistical Genetics

BIST 660: Deep Learning & Artificial Intelligence

BIST 665: Consulting Lab

 

Year 3 +

Fall or Spring Semesters

BIST 500: Department Seminar

BIST 999: Thesis Research